[SEO] CSS による画像置換はスパムと判断されるのか

SEO の常套手段として、CSS を用いて text-indent:-9999px; display:none; などでテキストを飛ばして(後者は消して)画像置換をするというものは取られてきていますが、Google にスパムと判断されるかどうかは世界中で議論されているところです。イグニスの見解としては、

画像の意味・テキスト≒置換テキスト
※完全一致しなくても目安として8割ほどの意味が同じ場合

であれば使用する。というものとしてきました。
最近、SEO 関連の案件で改めて調べてみたところ、Google がウェブマスター向けにガイドラインを更新したようなので、メモとして残してみます。
※Google から一部抜粋

[品質に関するガイドライン - 具体的なガイドライン]
隠しテキストや隠しリンクを使用しない。

  1. 白の背景で白のテキストを使用する
  2. テキストを画像の後ろに含める
  3. CSS を使用してテキストを隠す
  4. フォント サイズを 0 に設定する

との事でして、CSS によるテキスト隠しはスパムと判断されるとの事。

・・・・・・・

それだけで終わってしまってはこの記事の意味がないため、重要な部分を以下に記述。※これは正確な解釈でもなければ安全を保障するものでもありません。

Google のいつもの見解の通り、
「ユーザの利益(使いやすさなど)になるのであれば心配ない」

というものでした。※参考記事

ここでポイントとなってくるのは、どこまでが“ユーザの利益”になるのかというところだと思います。検索エンジンのためだけに使うのであれば、それはユーザの利益になりませんし危険かもしれません。ただ、出所は忘れてしまいましたが、画像の alt タグを読まなくなっているという話や、CSS ファイルもインデックス化されているという話を聞きますので、イグニスでは当初の通り、

画像の意味・テキスト≒置換テキスト
※完全一致しなくても目安として8割ほど意味が同じ場合

くらいの位置付けで様子を伺っていきたいと思っております。


Tags:

Popularity: 22%

Windows Vista で telnet コマンドを使う

普段ほとんど使わないのですが、久々に(Windows Vista に換えてからはじめて) コマンドプロンプトから telnet を使ってみたところ、なんとコマンドを認識しませんでした。少し調べてみたところ、「Vista のデフォルト設定では telnet コマンドは無効化されている」とのこと。簡単に有効化できるので方法のメモを。

[コントロールパネル] → [プログラムと機能] → 左側のタスクから「Windows の機能の有効化または無効化」 → 「Telnet クライアント」にチェック。

OKボタンを押してから少し時間はかかりますが、これで無事 telnet コマンドを認識してくれるようになります。


Tags:

Popularity: 13%

Becky! 便利機能 メールを自動的に振り分ける

効率良く使うと本当に便利なのでショートカットが大好きな私ですが、少し前に発見した便利なショートカットを一つご紹介します。 Becky! というメーラーの話ですので、関係のない方も多いかもしれませんが、

Alt を押しながらフォルダ移動をすると、
「フォルダへの振り分けルール」が自動的に表示されます。

通常、フォルダを移動するということは整理するということですので、ルールを付けておくと後々役に立つ場合が多い訳です。何度も同じ作業を繰り返していると、「そろそろルールを付けた方が便利かな」と思ったりするのですが、はじめから自動的に表示されるとかなり効率良くメール管理ができたりします。


Tags:

Popularity: 20%

Windows Vista (Let’s note CF-W5) に乗り換えてみました。

「とにかく重い」「XPにダウングレード推奨」「無駄にグラフィカル」などとあまり良い評判を聞かないのですが、PC買い換えに際して、OSをVistaに乗り換えてみました。使用してまだ2日ですが、私の感想は「特に困ることはなさそう」というものです。今回の乗り換えについて簡単に項目別にまとめてみます。

Let’s note CF-W2 から Let’s note CF-W5 に

4年間も使ったW2から同機種の最新版へと買い換えました。買い替えの理由は単純に「ガタがきたから」というものです。機種選定にあたっての条件は以下のとおり。

  1. 重量 : 持ち運べる重さ(1.3kg程度まで)
  2. バッテリー : 長時間バッテリー駆動(5時間程度以上)
  3. CPU : intel Core 2 Duo
  4. メモリ : 1G以上
  5. 価格 : 20万円前後

いくつか候補があったが最終的な決め手は「コストパフォーマンス」(←私が何に対しても求めて最重要視するもの) 後は、キー配置([Fn]と[Ctrl]の位置)。基本的には満足したのですが、矢印キーの両サイドがなくなったのが個人的には使いにくくなった気がしました。
※今回買ったCF-W5はオンボードメモリ(基板上に直接搭載されている。最初からマザーボード上に搭載されているメモリ。)なので、「標準でメモリ1G、512MBメモリ1つ搭載で空スロット0」という状態で、そのメモリを1Gに積み替えました。私は重い画像ソフト関連をほとんど使わないため、かなり快適な環境となりました。

Windows XP → Windows Vista

使い慣れないせいもあって、作業効率は落ちてしまった気がするものの、慣れればそれ程苦にはならない様子。(エアロは一瞬で使わなくなりそうですが) PCのスペック自体が大幅にアップしたこともあり、起動・動作ともにかなり快適。
唯一困った点はソフトの互換性。今までXPで使用していたいくつかのソフト(NortonやAcrobatなど)がそのままの状態ではインストールできませんでした。PDFに関しては Primo PDF 応急処置中。特にXP時代にパフォーマンス優先のクラシックで使用していたため、劇的にグラフィカルになったような気がしています。ただし、印象としては「やっぱりMacの方がお洒落。」

■続きの内容:「Firefoxアドオン・デフォルトフォントメイリオなど」


Tags:

Popularity: 28%

[SEO] Yahoo! Google 推奨 HTTP 301 リダイレクト(URL変更)

SEOが叫ばれて数年経ちますが、何でもかんでもSEOのためのサイト構造で、サイトマップをSEOの観点からの重要性によって変化させるなど、個人的に一線を越えた(と思われる)施策には少し戸惑いながらも日々色々な施策を練っております。
※上記も含め私個人の見解でありますが、Googleなどは「その検索キーワードに対してより適したサイト」を抽出するために、日々検索エンジンアルゴリズムを進化させていますので、ディレクトリを強引に変化させたり、凡そ関連が濃いとは思えないサイトからのSEOのためのリンクファームは効果が薄いどころか、ゆくゆくは排除されていくものだと考え、すぐに成果は上がらなくとも、弊社では正攻法をお薦めしております。

最近数件取り扱った案件で、リニューアルやURL変更時のリダイレクトがあり、調べたこともありますので、メモとして残しておきます。

リダイレクトの種類

HTMLによるリダイレクト

ページごとにHTMLヘッダのmetaタグに以下の記述を加えます。

<meta http-equiv=”refresh” content=”10;URL=http://www.ignis.co.jp/”>

※10秒後にhttp://www.ignis.co.jp/にリダイレクトしたい場合。
メリットはHTML上で記述できるので初心者にもわかりやすい点ですが、特に0秒リダイレクト時などにスパム扱いとなるという話も聞きますし、何よりページ数が多い場合が問題です。

.htaccessによるリダイレクト

サーバ上に以下の記述の.htaccessファイルを作成します。

Redirect permanent /old/ http://www.ignis.co.jp/new/

※/old/ディレクトリにアクセスがあった場合、/news/にリダイレクトしたい場合。
個別ファイルには対応できませんが、ディレクトリ構造を残したまま移転できるのがメリットです。

/old/contents2.htmlは/new/contents2.htmlにリダイレクトされます。

(ただし、HTML同様にこの方法でもスパム扱いになったケースも存在するようです。)

■続きの内容:「Yahoo!,Googleが推奨しているリダイレクト方法とは?」


Tags:

Popularity: 36%

Page 3 of 6«12345»...Last »