Analogを利用してローカルで生ログを解析する(Windows)

最近のレンタルサーバはデフォルトでアクセス解析ソフトがついているため、自分で生ログを解析することはほとんどないのだが、お客様の環境の関係で解析することになったため、有名解析ソフトAnalogを利用して、Windowsローカルで生ログを解析する方法のメモを残しておく。

1.Analogをダウンロードし解凍する

Analog本サイトからダウンロードし解凍する。
([Download analog]→[analog_60w32.zip]※070410現在)

2.ログファイルをセットする

解凍してできたAnalogフォルダ内にログファイルを入れるのだが、元々サンプルログファイル「logfile.log」が入っているため、それを上書きする。※デフォルト設定では、解析するファイル名が「logfaile.log」となっている。

3.解析ファイルを生成する

[analog.exe]を実行すると、コマンドプロンプトが立ち上がり処理を行い、[Report.html]というファイルを生成するので、そのファイルをブラウザで閲覧する。※私の環境では200万行のログファイルが20秒ほどで処理された。

4.おまけ:複数のログファイルを解析する

通常ログファイルというのは、1ファイルだけではなく複数であるため、複数のログファイルを解析する必要がある。複数のログファイルを解析するのは、Analogが参照するファイルを変更する必要がある。

[analog.cfg]13行目
LOGFILE logfile.log
LOGFILE *.log

デフォルトでは参照ファイルが[logfile.log]になっているため、[*.log]とワイルドカードをあてることにより、フォルダ内のログファイル全体を解析するようになる。後は、同一フォルダ内に[log1.log][log2.log]…というような解析するファイルを入れて[analog.exe]を実行するだけ。


Tags:

Popularity: 16%

関連記事

  1. Windows Vista 起動時のスタートアッププログラムを変更
  2. Windows Vista で[右クリック]→[送る]メニューを追加・整理
  3. Windows Vista で telnet コマンドを使う
  4. Windows Vista (Let's note CF-W5) に乗り換えてみました。
  5. WebDAVでBasic認証を利用する(WinXP SP2)

Comments are closed.

TrackBack URL