「フォクすけ」とカビの生えたエイリアスフォント

Firefoxの「フォクすけ」のテーマを使いたいばっかりに、
メインブラウザをFirefoxにしたミーハーなわたくし。

お陰でせっかくのエイリアスフォントが、
ギザギザでカビが生えたようになっていた。

でもフォクすけは可愛いし、
特に気にもせず使っていたら、
「ちょっとそっちのブラウザで確認してみて。」と、社長。

フォクすけを覗きこむなり、
大「何これ?」
私「え、、、あの、フォクすけです。」
大「見りゃわかるけど、そうじゃなくて、何でこんなフォントなの?」
私「それはあれですよ、メイリオがですね…」
大「メイリオなのに、何でギザギザにしてんの?見づらくない?」
私「ええ、それはもう。でも、解読にも慣れてきました。」
大「…慣れてどうすんの。」
私「それもそうだよねぇ…。」

呆れ気味の大石からエイリアスの解決方法が送られてきました。

【XPの場合】
デスクトップで右クリック
→「画面のプロパティ」
>「デザイン」
>「効果」
>「次の方法でスクリーンフォントのふちを滑らかにする」にチェック
→プルダウンで「ClearType」に設定

するとどうでしょう!
何と、あんなにブラウザのテキストを読みづらくしていた
familyfontのカビが消えてしまったのです!
(ビフォーアフター風に)

なるほど。

フォクすけ

Firefox ブラウザ無料ダウンロード


Tags:

Popularity: 14%

半年がかりの会社案内10分間コーディング

TOPページだけこしらえて、長らく放置されていた自社サイト。
半年ぶりにページが新設されました。
それも、会社案内!

そう、これだけ。
Orz

半年かかって会社案内1ページ。
僕らこのサイトの存在をほぼ忘れていました。

そして、とあるお仕事の最中に思い出しちゃったんです。

松「あ、いい加減に自社サイトを…」
大「む、この忙しい時に自社サイトをコーディングしろと?」
松「でもさ、半年も経ってるんですけど…」
大「ぬ、ならば仕方あるまい」
(↑キーボードをタカタカ打ち鳴らしながら、ほんとにこんな会話)

―その10分後―

大「汚いけどできた」
松「え、もう?!…はやー。」
大「いやぁ、半年前とはいえ…今ならこんなソース絶対かかないね」
松「え?何のこと?」
大「トップ」
松「…。」

いや、ほんとに、言ってることがさっぱり分かりません。
DW先生という補助輪なしでコーディングすることができない私から見れば、十分シンプルに構成されていると思うけどねぇ…分からないものです。

それに、会社概要しかないさっぱりしたページとはいえ…あんた、たった10分で作っちゃうんかい!

少し前に受けたとあるお仕事を進める中で、コーダーとしてはかなりの実力者だということが今さら判明した大石。
自社サイトは「こんなもん」だそうですが…『そのうちGoogle先生に聞いてみよ♪』などとほくそ笑んでいたら、「2ページしかないのにそんなの無理。早くコンテンツ書いてよ」と…頭っからやぶ蛇でした。
Orz

えーと、次回のページ追加はもう半年後でしょうか。
(なんだかライフワークになりつつあります)

というかね、10分でできるんならもっと早く作ってて!
ウワーン、、


Tags:

Popularity: 10%

「サイトを壊しちゃいました」事件―イグニスHPの訪問者を陥れたFlashのミステリー―

事件の香り漂う「火サス」的なタイトルに魅かれてここを訪れてしまった方には、ほんとにすみません。このページの離脱率が上がること必至な内容には違いありません。

ある日のこと、某クライアントのご担当者様が申し訳なさそうにおっしゃいました。
「あの…イグニスさんのサイト見てたら、壊しちゃったみたいなんですけど…」
台詞の内容が一向に理解できない私。

大「え、そんなことできちゃいました?」
担「はい。トップページの本みたいなのをめくってたら、ページがなくなっちゃって…」
大「あぁ、あれ、切り取ってお持ち帰りいただけるんですよ。」
担「???」

はい!
イグニスのトップページにある「本」は、マウスで掴んでピリピリ切り取っていただくことができちゃうのです!
(でもお持ち帰りはいただく機能は付けてないですよ!)

担「…あの、どうやったら戻せるんですか?」
大「(う…、)F5でリロードして下さい」
担「ああ、よかった!戻るんですね」
大「大丈夫です、戻ります」

…はい。
あの「本」に切り取ったページをそのまま戻す機能はつけてないんです…ページを再読み込みしてもらうしか…。

しかし、ご担当者様にはご安心いただいた様子で何よりでした。

あの「本」、作るのはめんどくさいですが、3分くらいならお楽しみいただけます!
ぜひ、お試し下さいませ♪


Tags:

Popularity: 9%

新しい事務所について

新しいオフィスは麻布十番商店街の真ん中。
すぐ近くには豆源さんの本店や人形焼きの紀文堂さんがあります。

元麻布や西麻布方面へ続く裏通りは、瀟洒な住宅街の中に民家を改装した飲食店が散在し、都内でも有数の隠れ家エリア。
(↑すでに隠れきれていない)

クールでおしゃれな六本木ヒルズや東京ミッドタウン、
都会のオアシス有栖川公園や東京観光名所の金字塔東京タワーも射程内。
観光にビジネス、デートにも!大変便利なオフィスです(笑)

…と、こんなに楽しいエリアですが、営業中の行動範囲はせいぜい半径100m。
ほとんど引きこもり状態。Orz

これからだんだん気候も良くなるので、業務の体質改善を検討中です(笑)

慌ただしく新設した事務所ですが、なかなか快適です。
お近くにお越しの際は、ぜひお声掛け下さいませ!


大きな地図で見る


Tags:

Popularity: 11%

Windows Vista (Let’s note CF-W5) に乗り換えてみました。

「とにかく重い」「XPにダウングレード推奨」「無駄にグラフィカル」などとあまり良い評判を聞かないのですが、PC買い換えに際して、OSをVistaに乗り換えてみました。使用してまだ2日ですが、私の感想は「特に困ることはなさそう」というものです。今回の乗り換えについて簡単に項目別にまとめてみます。

Let’s note CF-W2 から Let’s note CF-W5 に

4年間も使ったW2から同機種の最新版へと買い換えました。買い替えの理由は単純に「ガタがきたから」というものです。機種選定にあたっての条件は以下のとおり。

  1. 重量 : 持ち運べる重さ(1.3kg程度まで)
  2. バッテリー : 長時間バッテリー駆動(5時間程度以上)
  3. CPU : intel Core 2 Duo
  4. メモリ : 1G以上
  5. 価格 : 20万円前後

いくつか候補があったが最終的な決め手は「コストパフォーマンス」(←私が何に対しても求めて最重要視するもの) 後は、キー配置([Fn]と[Ctrl]の位置)。基本的には満足したのですが、矢印キーの両サイドがなくなったのが個人的には使いにくくなった気がしました。
※今回買ったCF-W5はオンボードメモリ(基板上に直接搭載されている。最初からマザーボード上に搭載されているメモリ。)なので、「標準でメモリ1G、512MBメモリ1つ搭載で空スロット0」という状態で、そのメモリを1Gに積み替えました。私は重い画像ソフト関連をほとんど使わないため、かなり快適な環境となりました。

Windows XP → Windows Vista

使い慣れないせいもあって、作業効率は落ちてしまった気がするものの、慣れればそれ程苦にはならない様子。(エアロは一瞬で使わなくなりそうですが) PCのスペック自体が大幅にアップしたこともあり、起動・動作ともにかなり快適。
唯一困った点はソフトの互換性。今までXPで使用していたいくつかのソフト(NortonやAcrobatなど)がそのままの状態ではインストールできませんでした。PDFに関しては Primo PDF 応急処置中。特にXP時代にパフォーマンス優先のクラシックで使用していたため、劇的にグラフィカルになったような気がしています。ただし、印象としては「やっぱりMacの方がお洒落。」

■続きの内容:「Firefoxアドオン・デフォルトフォントメイリオなど」


Tags:

Popularity: 28%

Page 1 of 212»